夏休み〜とんで現在

  • 2013.03.31 Sunday
  • 23:55
夏休みに入り、大事なイベントを無事に終えることができ一段落したこともあり、久々にのんびり休んでみました。
でも急に暇になっちゃってソワソワするもんだから、無駄にひとりカラオケ行きまくってました。毎日のように。しかも最長14時間。きもい。
歌上手くなりたいんですけどねぇ。全っ然なれない。悔しい。

あとは実家帰ってみたり、飛騨高山と白川郷に旅行に行ったりしました。超リフレッシュ期間でした。



しかし

そんな穏やかな日常の中で事件は発生したのであった・・・・・キャ〜


夏休みの終わりから2週間ほど、私は原因不明の39℃の熱に苦しんでいました。
耳下腺が腫れているってことでおたふくの検査をしたものの陰性。血液検査の結果でも何も異常はなく、抗生物質の点滴を何回か受けたら熱は下がったので、なんらかのウイルス感染だったんだろうということしかわかりませんでした。



そう、これが悪夢の始まりだったのです・・・・・♪〜世にも奇妙な物語のテーマ



このときもっとちゃんと詳しく検査を受けていたら何か変わっていたのかなぁなんて今は思います(何その展開)。
しかし後悔先に立たず。無理もしてたし、免疫力が弱ってたのかなとか思ってました。

もう大学は後期の授業始まってたんだけど、そんな感じで体調崩してたのと、夏休み中に持病?の鼠径ヘルニアがひどくなってすぐにでも手術しようかって話になってたり、下腹部がどうもおかしいので病院に行ったら卵巣嚢腫(卵巣の腫瘍で、このとき良性か悪性かもはっきりしなかった)が発見されたのもあり、、、おいおい最近ちょっとおかしくねぇか自分ってな感じになってました。
で、ちょっと遅れて大学に復帰して、ほぼ同時に卵巣嚢腫の治療を始めました。あ、検査の結果良性だったのでとりあえずご心配なく!

そうそう、人生初のMRIやったり、このとき胃もおかしかったから人生初の胃カメラやったりして、それがまたえらく面白かったもんだからそれブログに書きたかったんだけどね。書きかけたままでした(;_;)
っていうかこの1年間何度もブログ書こうとしたんだけど、全部途中で挫折しましたorz


で、ともかくこの頃ですよ。体調が一気におかしくなったのは。
治療で飲んでる薬は飲み始め、多かれ少なかれ副作用が出るものだとわかってました。でも仕方がないので飲むじゃないですか。そしたら次の日から吐き気がすごくて起き上がれないやら、頻脈やら超低血圧やら不眠やらになるじゃないですか。2週間くらいはトイレ行くのもしんどかったです。
そんな状態だったんで大学には行けるはずもなく、落としてはいけないはずの単位がどんどん崖っぷちまで追いつめられていきました。1度無理して大学に行ってみたのですが、歩きながら意識失いかけたのでその後はアパートでおとなしくしてました(笑)

んで副作用がおさまってきて大学に顔を出し始めたんです。でもおかしい。
とっくに副作用がおさまったであろう時期になっても不眠を筆頭に体調不良がなかなか治らない。おまけに精神面まで鬱っぽい。これはあれだ。
なんか、やばい。

どう考えても単位取れる状況じゃなさそうだし、大学行ってる場合でもない気がしてきて、療養と称して実家に逃げ帰りました。ひーん。泣
結論を出すのが怖くてずっと先延ばしにしてたんですが、しばらくして今年度いっぱいは大学を休む旨を先生方に伝えました。


で、いざ休んでみるとこれがまた時間が過ぎるのが早いものです。実家でぼーっとしたり、ひたすら本読んだり、犬とたわむれたり、不眠がひどすぎて全く眠れなくなったり、今度は過眠になったり、また不眠になったり、何度も通院で東京行ったり、Wii U買って実家でカラオケしたり、曲作ったり、ピアノ弾いたり、病院行ったり、代々木公園で花見したり、ちょっとずつ回復してるんだかどうだかって感じで今日に至ります。

まあ大学に行ってないっていうだけで、実際にぃにぃバンドのライブしたり、お仕事引き受けたり、ウインドの本番2回も出たり、家でも曲作ったり詞書いたり、なんだかんだ動いてます。ってことは絶対回復してますよね。そうだそうだ。

でも実は来年度、休学することに決めました。届けも無事受理されました。
動けることには動けるのですが、毎日外出というのは今の体じゃ無理っぽいのです。てか全然無理です。
しかしこの休学は休養のためでもありますが、せっかくたっぷり時間ができたこの機会に、私が本当にしたかった音楽の活動をするためでもあります。ずっとずっと本当はしたかったのに、なんだかんだで諦めてきたというか誤摩化してきたこと。体調がこんななので今までのように全力投球とはいきませんが、のんびりとやっていって、でもみなさんに何かしらの形でちゃんとお聴かせ出来るように活動していくつもりです。ですので、私は来年度をすごく楽しみにしています。

というわけで、今年度最後の日に焦って書いてみました。
自分へのけじめのつもりでもあります。


明日はまた東京の病院へ行ってきます。
予定通りであれば4月に3週間ほど検査入院します。初めての入院。ドキドキ。
いつからだかまだわかんないけど。
明後日からとかだったりして。

うん、入院ってのも今年度の始めにはちょうどいいんじゃないかと思ってます。
いつもなら「もう何年生になっちゃいますよ〜」とか今頃書いてるところですが、今回は変な気分。
最終的にどのくらい入院するのかまだ全然わかりませんが、元気になって戻ってきたいです。

全然重病とかではないのでご心配なく!
一応すごく元気です!(?)
え、そもそも心配してない?それはそれでちょっと...泣
でも私もなにがなんだかよくわかってないので、またちょっと経ったら、今度こそブログ書きます。


あ、ツイッターは頻繁に書いてますので、よかったらそっちもよろしくお願いします(^_^)

授業が始まって

  • 2013.03.31 Sunday
  • 22:30
ということで、なかなかみっちりな時間割で授業が始まりました。
48単位の制限の下に、時間で考えればそこまでみっちりな時間割ではなくなったんですが、なにしろ音大といえば大変なのは授業より課題です。課題のことを考えると、この時間割で大丈夫なのかと不安でした。
あと、今まで東京音大での時間割がスカスカだったもんで(課題の量は半端じゃなかったけど)、それで余計に心配でした。


実際そのスケジュールでやりましたが、、、大変でした。泣
1番大変だったのは、サウンドプロデュースコースの授業ではパソコンは当然のこと、ほとんどの科目で機械を扱うのです。普通の学生は1・2年で機材について基本から学ぶのですが、私はそれができてる前提でいきなりです。
ライブ会場の音響システムのセッティングだとか、ライブでPA卓の操作をするとか、レコーディングスタジオでいきなりエンジニア係を任されたりとか。

サンプロの先生は私の事情を把握してくださっていたので、ものすごく助けられたし、ものすごく迷惑をかけちゃったりしたのですが。だからといって私もみんなと同じようにできないといけないわけで、常に冷や汗ものでした。
だって会話が分からない。「なんちゃらケーブルをなんちゃらボックスになんちゃらして」とか。「なんちゃらがここでなんちゃらがそこでなんちゃらがあそこで」とか(全部マイクとマイクスタンドの名前)。
日本語で話してくれと切に願いました(笑)
マイクの名前と用途がとにかく覚えられなくて、あとレコーディングスタジオのマイクからパソコンまでの回路が複雑すぎて全然意味が分からなかった。あ、それは今もなんだけどね...死

正直いきなりどのマイクをどうセッティングして、ケーブルをどこにさして、卓とパッチケーブルかどこでどうなってて、それがパソコンに入ってどう繋がってるかなんて最初全く分からなかったです。おまけに当たり前だけどレコーディングはProtoolsだしね。
わからなすぎて、できなすぎて、めっちゃ自己嫌悪になったし本当に焦った。でも先生やみんなが優しくて泣けた。


っていうか、そもそもそういうことも勉強したくてサンプロに入ったんだし、大学うんぬんを抜きにして考えればそういうこと知ってないと結構まずいしね今の時代。学べる場所があることに本当に感謝するばかりです。


東京音大と比較して考えるなら、映放は授業で機械を触らないどころかパソコンすら使わないからなー。卒業制作の時はある程度使えるんだろうけど、それでも実際のレコーディングシステムに関わる機材は触らせてもらえないはず。映放は完全に作家を育てる科だから、家で打ち込みをすることは前提だけど、ひたすら譜面を書くし、エンジニアの先生がいるからレコーディングではディレクションに徹する。

逆にサンプロでは機材もパソコンの中に入ってるソフトも存分に使えるけど、譜面を持っていく授業がない。授業で譜面を書くこともない。和声や対位法は必修ではないし、作曲やオーケストレーションについては浅く広くだったり。
そんな感じで、どこの大学も学べることはそれぞれだから、良い悪いじゃないんだなぁって改めて実感しました。私は映放とサンプロのいいとこ取りしたつもりです・・・つもり。

あと、私は歌ものを作っていきたいので、やはり時代に沿ったサンプロの授業はすごく嬉しいものでした。何を隠そう、そのために編入したので...。

あと編入してよかったなーと思ったのは、校舎がきれいでエレベーターが4基あって、1つの建物で全部用が済むし、学食は広いし、なにより練習室がかなり自由に使えることかな。ピアノの練習室があるのは当たり前として、バンド用の機材が揃ってる部屋もたくさんあって借りられるんです。うーん、お得。

関係ないけど外部からの編入生(っていうか東京音大からの編入生)が予想以上に珍しかったのか、なんかみんなから好奇の目で見られてる気がしてて「自意識過剰かな」と思ってたんです。でもしばらくして、知らない人たちがみんな私のことを「ああ、例の!」みたいな感じで言ってきたので気のせいではなかった・・・っぽい。
あとやっぱり編入理由を毎回聞かれる羽目になったのでした。笑


そうそう、大学のことだけでも大変だったのですが、4月には映画音楽のお仕事を少しさせてもらったり(というよりほとんど勉強させてもらっていた状態でしたが)、編曲のお仕事をいただいたり、5月6月は舞台音楽のお仕事をいただいたり、にぃにぃバンドで大きなライブがあったり、7月8月にはイベントのスタッフ兼アレンジのお仕事をいただいたり、なんだかんだで授業が始まってから学校外での活動も増えていって、8月上旬の試験期間のあたりでは完全に魂抜けてたと思いますw
嬉しいことですが、本当に全く休みもなくて睡眠時間もとれなくてキャパいっぱいでした。でもいきいきと動けたのは、大学では新鮮な発見ばかりだし、お仕事をいただけたことがすでに感謝感謝であり何より楽しかったからなのです。
ちなみにキャパ超える前に夏休みに入ったので助かりました。笑

編入してから

  • 2013.03.31 Sunday
  • 21:05
4月、昭和音大の始まりは早かった。たしか3日くらいから。
ガイダンスやソルフェージュ等のクラス分け試験が連日あり、その中で一番緊張したのがクラス顔合わせ。
私が入った作曲学科のサウンドプロデュースコースは一学年5〜10人くらいだと聞いていたので、どんな顔ぶれなんだろうかと、外部からの編入生は前代未聞とのことなのでハブられたりするんじゃないかと、もうめっっっちゃ緊張して指定された教室のドアを開きました。


そしたらなんと・・・!

だぁれもいないじゃありませんか・・・・・!!

時間になっても誰ひとり来ません。
これはもう私が場所を間違えたとしか思えません。


廊下で挙動不審にうろうろしてたら、優しげで能天気そうな(失礼)おじさまが「どうしたの?」と声をかけてくださいました。仏様だと思いました。
まぁとりあえず教室に入んなさいよ、とのことで会話を進めてみると、、、
あれ、
この人担任の先生だったーー!呑気に登場ですかーー!!!
しかもなんと、私が和声で受験時代からずっとお世話になっていた東京音大のK先生と元同僚だで、今でも仲が良いそうです。というか、K先生は数年前まで昭和音大にもずっと勤めていたそうです。そういやそんな話を前聞いたような。

ひとまずこの担任の先生をA先生としましょう。
そう、昭和音大にはクラス制度が設けられていて、クラスごとに担任の先生もいるのです。なんという新事実。でもこれって画期的だなぁというか、たしかに大学にもクラス制度があった方がいいのかもなぁと思って感激でした。
で、A先生は「みんな来ないねぇ」とか「まぁいつもこんな感じだから」とか、K先生のモノマネをいきなり始めたりとか、緊張しすぎて顔が引きつってたであろう私を和ませてくださいました。
そしてクラス顔合わせの話にうつり、最初は編入生だけが集められることを知りました。
んで、サンプロ3年への編入はなんと私以外に2人もいるらしい!!こりゃびっくり!!
2人は昭和音大の短大からの編入らしく、実はこうような例は多いとのこと。

んで待つこと数十分(笑)
遅れて2人が登場しました。2人とも男子です。
なんか、なんと表現してよいやら、2人ともちょっと変わってるなってことはすぐわかりました(笑)
あと2人がすごく仲が良いことも。

ようやく話が始められるってことで、まず学生証が配布されたのですが・・・
あら、私のだけない・・・・??

これには先生も動揺してました。私はもちろん半泣きでした。
事務に問い合わせてみたらそっちの不手際でまだ作ってなかったとかで、でも数十分で届きました。なにかの間違いで編入手続きできてなかったのかと思って本気で焦りましたよこのときばかりは。
A先生&2人の編入生「この大学の事務はアレだからなー」と苦笑していましたが!知っています、私は!昭和音大の事務より東京音大の事務の方がアレだということを!(どどーん!!)

あ、口が滑りました。

そんなこんなでいよいよクラスメイト全員との対面となったのですが、ここで驚愕の事実。
なんと、学部生(編入生以外のそもそものサンプロ3年)が、たったのひとりですってよ!!!
これはすごい。繰り返しますが、他の学年は普通に5人以上いるんです。でも3年生だけは最初からたった1人だったそうな。なんんちゅーこっちゃ。これじゃハブられようもないではないか。
昭和音大だけじゃなくてなんかこの学年、おかしい気がするんですよね。東京音大の映放の私のクラスも本来のこの学年の年齢の子は2人だけだったし。それも異例のことだったから、きっとなにかあるんです、この学年。笑

まあいいや。その学部生の子とも対面してサンプロ3年の4人が揃いました。私以外男子というこれまた予想外の展開。
仲良くしてもらえるだろうかなどという心配は必要なかったようで、みんないい人たちで安心しました。ハブられるんじゃないかとか思ってて申し訳ありませんでした。

その日からはクラスメイトによく面倒みてもらってました。私みたいな外部からの編入生がめったにいないからかもしれませんが、単位や履修のシステムや昭和音大独自のカリキュラム等々わからんことばっかりなのに、何にも学校からは説明なしだし説明してくれる人もいなくてまたもや不安な日々ではありました。でもクラスメイトが全部丁寧に説明してくれました。めちゃくちゃ助かりました。神様かと思いました。あのときはありがとね。

で早くも授業開始。どの科目をとらなきゃならないかを来年度のことまで計算して、時間割を作ってみると。こりゃ大変、めちゃくちゃ忙しそうな時間割ができあがりました。
しかも年間48単位までの制限があるからまた大変。本当は今年取りたいのに来年にまわさなきゃいけない科目が出てきて、本来なら1年生のときに勉強しとかなきゃいけない科目を4年目にまわすってなこととかね、順序がおかしくなっちゃったりしたもんですが仕方がない。

間もなくして、実技の先生の発表。
私は主科をピアノ、副科をギターにしました。
で、ピアノの先生は・・・小川文明先生!!!
こーれはやばいです。やばいんですよ奥さん。文明先生のことはずっと前から知ってました。キーマガにもよく載っていらっしゃるので、キーマガを買い始めてからはさらによく色んな記事を読んだりしてたんです。なんだか夢みたいでした。
東京音大でお世話になった難波先生という方はプログレの代表格のような方なのですが、文明先生によりますと、文明先生にとって難波先生は先輩のような存在で、とても仲が良いそうです。むーなんかすごい世界だ。
そして文明先生はすごく優しい上にすごく親切。憧れます。

そしてギターの先生は、末松一人先生。失礼ながら名前を拝見したことがなく、学校の先生紹介のところにも名前がなかったので何事かと思ったんですが、今年から新しく昭和音大に来た先生だということが判明しました。
副科ながらも末松先生にはミュージジャンとして大事なことをたくさん教えてもらっています。私が今まで出会ったことのなかった部類のプロの方というか、先生というか、人間というか、色んな面において新しい発見ばかりさせてくださる、なんだかすごい方です。尊敬です。


長くなってきたので、また分割して書きます。
ごめんなさい(^_^;)

覚えてくれていますか?

  • 2013.03.31 Sunday
  • 20:43
どうもお久しぶりです。
みさなま私のこと覚えてくれていますか・・・?
桜も咲いて花粉もモワモワで、明日から新年度が始まりますね。

ってなことで丸1年ブログを放置しました愚かな人間がこの湯浅香織になります。
そもそもこれだけ放置したらもう見てくれてる人なんていないよなぁ。
きっと何度か覗いてくださった方もいると思います。本当にごめんなさい。
「こいつまだ書かねーのかよ」と思いながらもまだ見ていてくださっている方がいるなら、土下座します。ほんと土下座します。ありがとうございます。



久々にブログ書いて真っ先に思ったこと。

タイピング遅くなりまくりで時間かかりまくりー!!(今パソコンで更新中)

高専時代と違って音大じゃパソコンで文字なんか書きません。パソコンで譜面作るのはすっかり鍛えられたけど。
そうそう、去年シベリウスを購入したと書きました。楽譜製作ソフトはフィナーレが主流で、シベリウス派も最近は多いってな感じなのでどっちを買おうか迷ってたんですが、フィナーレは覚えることが多く、シベリウスの方が直感的に操作が可能かつWindows歴長い人向けってなことを風の噂で聞いたのでシベリウスにしたんです。
しかし。。。

昭和音大でフィナーレの授業が必須でしたーーーーー(T_T)!!!
せっかくシベリウスの操作を覚えたばかりなのに、シベリウスでやれば済む話なのに、大学ではフィナーレで課題提出しなきゃならないという苦痛...
まあ、結果的には両方の操作を覚えられてよかったんですけどね。
でも使ってみたらフィナーレ全然難しくなかったし、どうせならフィナーレ買っときゃよかった、とか思ったけど後の祭り。ま、いっか、もう大学でもフィナーレの課題出ることないだろうし。

えっと、ブログ放置しすぎてむしろ何を書いていいかわからなくなるのはいつものことなんですが、今回はさすがに1年間分のネタがあるわけで(ただしかなり忘れてる)、いつも以上に困ってます。

前回パソコンネタを書いたと思うのでまずそれを。
iMacはリフレッシュに出してからすっかり回復しまして、すこぶる調子が良いです。ただし、中身がすっからかんになってしまったので、その後がちょっと大変でした。とりあえずLogicとか必要最低限のソフトをインストールし直して、現在まだ使い道を模索中。めんどくさいから放置してるだけともいう...
いやいや、Mac book proでも製作できるようになったし、iMacは重くしたくないのでどうしようかと。当面のところ、Mac book proの方で趣味の関係をしたり、重くなりそうなものを管理するようにしようと思ってます。で、iMacは専ら製作専門で。

4月はどっちのパソコンも上手く使えてない状態だったのに、大学も変わって課題提出やら音楽のお仕事やら色々あったので、機械音痴の私にはキツい期間だったのよー。
Mac book proは買った状態がすでにOS7だったのにiMacはなんとなくまだOS6のまま使い続けてるし。他にもまだまだです、やんなきゃいけないことたくさん。

えーっと、
いざ書き始めてみたら長くなりそうなので、このあと分割して書きますm(_ _)m

明日から

  • 2012.03.31 Saturday
  • 20:16
しつこいほど更新を怠り続ける湯浅です。ごめんなさい。

明日から4月。
明日から肩書きが変わる人は多いと思いますが、私は東京音大生から昭和音大生になります。手続きミスってなければね(笑)
高専の同級生は社会人または院生になりますね。早い。

これだけ更新しないと何を書いていいかむしろわかんなくなります。前回何書いたかも忘れてます。

えーと、まず3月3日にハプニングも多々ありつつ、なんとか学年末課題出せました。よかったけど、反省点多し。

で、その後色々やんなきゃやらないことがあって寝てなかったのと食べてなかったのとでなのか、40℃の熱が出ました。10年以上ぶり?
さすがに40℃あると起き上がれない。辛くて泣きそうになった(笑)トイレ行くのすら命懸けだった。手足のしびれ半端ないし、足がガクガクしすぎてちゃんと立てないの。
一人暮らしだとこういうときにホント心細いよね。
でも助っ人が来てくれたお蔭でなんとか病院に行けまして、大事には至りませんでした。
医者の診断は恐らくウィルス性の胃腸炎とのことで絶食命令が発せられ、1週間くらいご飯食べられませんでした。

で復活した頃、東京音大生の友達が私の送別会を開いてくれました!
私のアパートで鍋やりました。
私なんかのために遠くまで来てくれたってだけでも感激なのに、なんと寄せ書きとプレゼントをもらってしまいました。サプライズ〜
寄せ書きなんて一生の思い出になるものだし、プレゼントもみんなそれぞれが考えてきてくれたもので、申し訳ないと共に幸せすぎてまいあがりまくりでした。
本当にありがとう。学校別々になっちゃうから寂しいけど、東京音大遊びに行く気満々だからよろしく!笑

あとは春休み何してたかって、大体パソコンのこと考えてた気がします。
iMacが起動できなくなって、サポートセンターとやりとりしまくって、色々やってもダメで、この度iMacさんはリフレッシュの旅に出掛けられました。元気になって帰ってきてくれ。
で、だからってわけじゃないんですけどMac book proを買いました。
15インチMac book pro 2.4GHzクアッドコア Intel Core i7 メモリ4GB HDD 750GB バッテリー最大7時間。
15インチのスペック高い方のモデルではあるけど、カスタマイズは今回してない。

いやー、ノートパソコンもホント進化したよね。お前が言うな。ごめんなさい。

比較対照に、パソコン使えない間に久々に引っ張りだして来たwindowsPC。1.3GHz/1コア メモリ512MB HDD 100GB バッテリー最大1時間。びっくるするスペック!5年前はこれが普通だったのか?音楽聴くのとレポート書くのに使ってただけだしね。パソコンで音楽作るとか 思ってもなかったし。

でも音大入るまではこいつで乗りきってたわけで。受験用の曲とかもこいつで作ってたわけで。 SONARもそりゃ1小節すら再生できずに止まってたわけで。本当に1回に1〜3秒くらいしか再生出来なかったんだけど、それって当時どうやって曲作ってたんだろう。


...これ全く同じことをTwitterに書きました。使い回しでごめんなさい。報告遅くなりすぎですが去年からTwitterやってます。Twitterには結構な頻度でつぶやいてるんですが、そうするとブログを書くタイミングが余計にわかんなくなってしまいました...
言い訳せんと、書けってはなしですね。ごめんなさい。
ちなみにTwitterは湯浅香織で検索エンジンすれば出てくると思います。もしよろしければそっちものぞいてやってくださいm(_ _)m


それではライブ告知などを!
両方ともにぃにぃバンドでのライブです。

5月13日(日)
いちゃりBar 開展5周年記念パーティ
会場:浅草ビューホテル
4F「飛翔の間」
受付:17時半 / 開演:18時半
食事、飲み放題付き12,000円


5月26日(土)
にぃにぃバンド三線ライブ!
会場:町屋ムーブ
開場:17時 / 開演:18時
前売り:3000円 当日:3500円

もし来てみたいという方がいましたら、お早めにご予約ください。
http://www.geocities.jp/icharibachoodei/infomatiton/newfile.html

ビューホテルはえらくセレブな会場だし、ムーブはホールだしで緊張するやら楽しみやらです。
頑張ります!

報告

  • 2012.01.22 Sunday
  • 10:41
2012年になりまして、今年もよろしくお願いします!

さて、報告したいことがあります。

それは・・・・


編入します!!!!!!!!!!!!


えー、2年前にもこんなニュアンスで音大進学のことを書いた覚えが。

今年度をもって東京音大を去り、来年度4から昭和音大の3年生に編入します。
実は11月にこっそり編入試験受けてました。
その時期と言えば忙しくて倒れるかもってくらいでした。

あれだけ苦労して入ったと東京音大をやめてなぜ編入するのかって誰もが思うと思うのですが、理由を書くと長くなるのでまた後ほど。(私の後ほどっていつだ?笑)

もちろん前向きな方向転換であり、編入できることになって本当によかったと思います。
でも東京音大に入ったことも本当によかったことでり、そこだけは勘違いしてほしくないです。
東京音大だからこそできることがあり、昭和音大だからこそできることがある。
まあ、良いとこどりというか(笑)

しかし普通音大にとって「編入」なんて発想が本来あまりないみたいで「編入?1年から入り直すの?」とか結構言われました。

まあ、私もまさか、まさか今更自分が編入する何て思いもしませんでしたけどね!!!

ってことで、昭和音大のみなさんこれからよろしくお願いします。

東京音大にはもちろん今年度いっぱい通います。
っていってもあと1週間くらいしか授業ないけど。寂しいー!
最近なかなか会えてない友達が多いので(みんなのたまり場であるA館に私がほぼいないせい)、最後くらい仲良くしまくりたい!
でも最後にしたくないので、寂しいから4月からも遊びにいかせてもらえると嬉しいです(;–;)

さて、編入試験を受けていた私は一応準備を色々としないといけなかったわけで、まあ2年前と同じことをしたわけです。編入試験ブログ書きました!笑
ちょびっとだけど。
整理したら公開しますね〜。
興味ある人あんまりいないだろうけど。


さて、昭和音大の近くに引っ越したり実家に帰ったりと年末を過ごしてました。
引っ越して来て環境が変わったせいなのか、ペット可の物件だからか、部屋が広くなったせいなのか、寂しくて寂しくて寂しくて寂しくて、ペット飼いたい!!!!!!!!
もうそればっかり考えてます。
自分の世話もろくに出来ない人間なので周りの人からは反対されまくりだし、実際稼ぎもないのにペットとか言ってる場合じゃないのですぐ実行には移しませんが。


大学の方といえば、学年末課題を必死こいてやってます。
学年末課題はビートルズの自分の好きな曲を選んで、弦楽四重奏(通称弦カル)に編曲すること。そしてそれを実際に1stバイオリン、2ndバイオリン、ビオラ、チェロの4人に演奏してもらい、レコーディングルームで録音することです。現場の指示だしも自分でやらなきゃなので、じ、自信ねぇええーーー!!

そして弦カルの難しいこと難しいこと。
師匠に歌ものの弦カルについて教えていただいたこはありますが、歌ものにのるような弦カルと、本当の弦カル。編成は同じとはいえ全然作り方が違います。ホント難しい。
私は対位法なんてやったことすらないし、和声すら受験時にガーってやっただけなので、こういうときに「ちゃんとやっときゃよかった」って後悔します。昔からそういう勉強をやって来た人をうらやましく思っちゃったりします。


クリックで挿入

今書いてたら届いた楽譜作成ソフト、シベリウス。アカデミック版だからか品切れ中とかでえらく時間かかった。
2年前から買おうか迷った結果、弦カルやるにはあった方がいいかなってことでこの機会に買ったんですが、遅すぎて間に合わない!意味ない!泣
もちろんあった方がいいものだからいいんですけど、せっかくだから今から弦カルに向けて使ってみようかな、、、いや、無理だろ。
なぜソフトが必要かって、主に吹奏楽やオーケストラを書くときなんかにはスコア(全パート書いてある、よく目にするやつ)の他に、パート譜を各パートの人に渡さなきゃならないんですよ。で、手書きだと全パート書かないといけないわけで(そういうのを専門にやる写譜屋さんでのもいます)、ソフトだとそれが一発で出来てしまうわけです!!すごいでしょう!!
まだやったことないけど(笑)
もちろんそれだけではなく、現代ならではの便利な機能が色々とあるわけです。

ステマって最近目にしすぎて、こういうのステマっぽいなと自分で思ってしまった。


あ、そうそう、引っ越しついでに実家からテレビ持ってきました!
テレビなし生活7年だったもんだからもはやテレビ恐怖症となりつつあり、テレビなんかが自分の部屋にあったら一瞬にして引きこもりの廃人と化すんではないかと思って怖くて怖くて、それで7年経ってしまったわけです。
まあ、高専の寮のせいですね!はは!

でもあったらあったで大丈夫でした。
いい気分転換。

今日はライブ

  • 2011.12.13 Tuesday
  • 07:29
DSC_0377.JPG
前回の更新から色々あり、一段落したようなしてないようなです。

まず報告。

フィンガー5正男さん率いる「にぃにぃバンド」のライブが10月23日にあり、キーボードで出演しました。
もうね、素晴らしく楽しかった!さすがみなさんプロで活躍されてる方々なので場馴れしてるし演奏もトークも空気感も安定していてすごくやりやすかったです。全員揃ってのリハなんて1回しかやってないのに、すごく安心して演奏できました。というか共演者の方が、私がやりやすいようにさりげなく気を使ってくれたりするんですよ。もう涙ものです。
ライブ会場は満員で、めちゃくちゃ大盛り上がりでした!

にぃにぃバンドのライブは年明けからどんどんやっていくと思われますので、次回からはみなさんも是非!絶対楽しいので来てみてくださいね〜!

そして。
東京音大芸術祭ですが、ガムラン、ウインド、オーケストラと大体無事に終わりました。
嘘です。大体トチりました。お客さんにはバレてないようでしたけど...一番酷かったのはウインドでのサックスソロ(笑)
しかもソロで立たなきゃだったんですが、なぜこんな下手くそを立たせたんでしょうか、先生。ソロで立ったのは2人だけだったのに、なぜそのうちの1人が私だったんでしょうか、先生。

あまりにも酷い演奏をしてしまったしミスってしまって悔しかったので、定演でなんとか挽回しました。私なりに(笑)

そして。
兄の結婚式!
実は前日にとんでもないハプニングがありまして、まったく余興どころではない状況になってしまったんです。でも友人のギタリストが助っ人に来てくれてなんと歌ってくれたんです(ギター演奏ではない 笑)!私はピアノで伴奏をしました。本当の本当に助かりました。彼は命の恩人です!!

まぁしかし結婚式っていいものですね。準備も当日もものすごく大変とは聞きますが、みんなを幸せな気分にさせてくれるあの空間はすごい。兄ちゃん、義姉さん、お幸せに!
しかし結婚式に出席させてもらったのは今回で2回目だったんですが、どちらも余興というかピアノ演奏を控えていましたので、今度は気楽な結婚式を体験したいなーなんて。とかなんとか言って、なんだかんだ演奏させてもらえるのは何より嬉しいんですけどね。


そして。
それにプラスして、ここ一ヶ月くらいの間にものすごく色んなことがあったんです。一応みんなに内密で進めたりしてました。まだ内緒にしているので、それをここに書こうかどうかはもうちょっと悩みます。悪いことではないですよ。

今事情があって実家に帰って来ています。大学には電車で通っています。
実家に帰ると必ず最初に空を見るんですが、本当にきれい。自然に目線が上に行ってしまうくらい、青空だったり夕焼けだったり星空だったりがきれい。
でもそこに住んでるとなかなか意識しないものみたいで、家族なんかは全然空見ないんですよね。もったいないなぁって思います。東京なんてホントまったく星見えない。

あ、皆既月食もしっかり見ました。あの時間、みんなが同じ空を見上げていたんでしょうね。


さあそして、
本日13日(火)に大塚Deepa で久々のライブをします!大塚Deepaは山手線大塚駅から徒歩2分くらいです。18:00開場で、出番は19:20くらい。
今のバンドでは初のライブになります。2年間組んでいたバンドを9月に解散して、その後加入したバンドなのですが、なかなかすごいバンドですよ!

色んな面で新たな試みをしますので、私もドキドキ。何が新たな試みかって、来てくれた方へのお楽しみ。かなり斬新ということだけは言えます。
お時間ある方は是非遊びに来てください♪絶対楽しめると思いますよ!!

ああ、22歳

  • 2011.10.19 Wednesday
  • 23:40
更新久々すぎてごめんなさい!!

こんなにも書かなすぎると書くことたまりすぎて何を書いたらいいかわかんなくなります。ちょいちょい書いてればいいのにね・・・

で、なんと、10月12日で22歳になってしまいました。あらら。
22歳と言えば一般的には大学を卒業して就職する歳ですね。ショックすぎる。
私の高専の時の同級生は就職する人もいるけど、大学院に行く人の方が多いかな?就職決まったとか、大学院受かったとか、そんな報告を受けるたびに嬉しくなります!!まあしかし、みんな優秀で東大だとか京大だとか、羨ましい限りですね!笑
でもみんながずっと頑張ってたのを知ってるから、やっぱりすごいと思うし、ずっと応援したいなと思います。

私はといえば今意味分からないくらい忙しいです!
わけわかんなくなっててホントテンパってます!
まだ言えないこともありますが、今何で忙しくなってるのかをちょっと報告します。


まず、10月23日(日)にキーボードのお仕事があります。
フィンガー5って親の世代なら知らない人はいないと思いますが、若い世代にはあんまり浸透してないかな?
フィンガー5の三男、正男さん率いる「にぃにぃバンド」のキーボードをやらせていただきます。結構急なお話だったため、準備期間1ヶ月で12曲。練習よりも譜面作ったりキーボードアレンジ考えたりする方が大変だったかな。
バンドメンバーの方々(もちろんみなさんプロです)と合わせたのはたったの3時間。たった3時間でしたが、さすがサクサクと進むので、12曲分すんなり終わっちゃいました。正男さんもバンドメンバーのみなさんも超良い人なので、一緒にいるだけで楽しいし勉強になります。
みなさん私よりだいぶ年上なので最初はかなりびびってたのですが、本当に優しい方々ばかりで感動しました!泣
素敵な出会いをもらえて、本当に感謝しています。その分頑張ります!
打ち合わせやリハを終えたので後は本番を待つのみ。

フィンガー5といえば私も昔から知っているくらい超有名。学園天国なんて私にとっても思い出の曲です。まさかそんな方と一緒にお仕事やらせていただけるなんてまさか思いませんでした。もちろん私よりも親の方が驚いてました。
ライブはもう満杯なので誰も呼べないのですが、楽しんで演奏してきたいと思います!!



次に10月28(金)29(土)30(日)に行われる東京音大の芸術祭。私は29日にガムラン演奏会、30日にウインドフィルハーモニーと教職オーケストラに出演します。時間がある方は来てやってください。

ガムランとはインドネシアの楽器(複数の楽器が組み合わさってガムランとなります)で私も元々知っていたくらいだし割と有名だと思っていたのですが、明らかにマイナーですね。そのガムランの中の3つの楽器を当日演奏します。

ウインドではアルトサックスとテナーサックスを吹きます。今回はソロも何カ所かもらったのですが...吹けてなすぎてやばい。みんなに迷惑かけまくっていて本当に申し訳ないので、本番までなんとか練習します(>_<)

教職オーケストラではバイオリンを演奏します。もうここまで来るとギャグでしょ!って自分でも思ってます。ギャグでもなんでも本番出ますので、せめて騒音を出さないように頑張ります(笑)ちゃんと練習しますよ!できる限り...

っていうか、バンドメンバーにも「お前芸術祭でピアノ弾かないんかい!」つっこまれましたけど、大学でピアノ弾く機会ってほぼないですね。私からしたらそれが当たり前になってますが、たしかに他の人からしたら「あんた大学で何やってんのさ」ってなりますよね。


その他は11月3日に兄の結婚式があり、そこで余興を演奏することになっています。
なぜか弾き語り(笑)これもある種ギャグですが、ちゃんと真面目にやりますよ。曲は昔兄が好きだと言っていた曲です。ああ、歌って緊張する!

その後はウインドの定期演奏会だったり、バンドのライブだったりがあるので、また報告します!

もうてんやわんやで正直学校の課題をこなしている余裕がないのですが、ちゃんと課題やらないと留年しちゃうし、まぁ何とかやっていきたいです。

夏休み

  • 2011.08.05 Friday
  • 01:24
更新を怠ったまま夏休みに突入してしまいました。ごめんなさい。
そう、7月16日から夏休みに突入しました!めでたい!

体調崩したりなんだりで最近は結構マイペースにやっていたのですが、夏休み前の1週間は寝る暇もなくすごしました。課題、試験勉強、副科ピアノの練習、そしてもめ事 (泣)

必修の西洋音楽史の試験があったのですが、私はこの期におよんで一夜漬けでした。
反省しないやつだ!
でも割とできたと思います。できたのが久々すぎて試験中ニヤケました。

15日は副科ピアノの試験でした。
暗譜で望まなければいけないのですが、私は前日になっても暗譜できてませんでした。
ここでも一夜漬けかよ!いい加減にしろよ!
試験の出来は最悪でした。でもなぜか合格してました。
実技の場合、やっぱり一夜漬けはやめた方がいいと学んだ残念な湯浅でした。

そして問題のもめ事。
いやぁ、女は恐い。音大に入って本当に女は恐い生き物だと身にしみて痛感しました。
理系人間の中で5年間やっていたわけですが、音大の人間は全っ然人種が違う。簡単にいうと、高専の人間は男女共にサバサバしてて、音大の人間は男女共に女々しい。
高専にいたときは影で人のあることないこと悪口を言いまくる人なんていなかったし、勝手に人の秘密をベラベラ喋る人なんていなかったわけですよ。それが音大ときたらねー、もうね。
ってことでもめ事がありまして、もうしばらく悶々としてたんです。
高専の仲間が恋しくなったりしますが、あんまり言ってるとじゃあ戻れよって感じなので、あんまり言いません。
でもそうそう、後輩が力になってくれたりしてすごく救われたんです!
こっちの世界にいる限り、こういうのはこの先ずっと付きまとう問題だと思うので、まあゆっくり対処法を考えていきたいと思います。



夏休みに入ってから早くも20日たちましたが、1番大きなイベントだったのは東京音大の友達と企画したバーベキュー&花火大会。8人という大人数、しかも私の実家で(笑)
板橋でレンタカーを借りて恐る恐る出発し、下道で4時間かけて無事実家に到着しました。みんなを殺すわけにはいかないので、もちろん私は運転してません・・・
昼過ぎに実家に着いて、母が作ってくれたそば&etc.を食べました。さすが音大生、その後はみんなでピアノを弾いて盛り上がる。一部は変顔をして盛り上がる。
そんで庭でバーベキューのセッティングをしてからスーパーに買い出しに行って来て、バーベキュー開始。ウチの両親と姉も参加。盛り上がって来たところでスイカを食べ、 花火。
この花火、10年くらい前に買ったもので、しけているか暴発するんじゃないかと思ってたんですが、無事使えました!
男子陣がロケット花火を飛ばしまくっていたため、相当な近所迷惑になっていたと思います。ご近所さんすみませんでした。
で、私は実家に残り、みんなはレンタカーで帰って行きました。

東京で用事があったので2泊しか出来なかったんですが、北海道に長期滞在していた姉もちょうど戻っていたため、久々に家族で過ごしました。(あ、兄がいなかった!笑)
1番楽しかったのは姉と親父とやったマリオゴルフかな(ゲームというより親父が面白かった)。後は毎度恒例のスーファミの星のカービィスーパーDX。ウチのスーファミはもう年老いているので、色んなところをセロテープで固定して、何度も何度も電源を入れ直して、やっと起動します。画面が付いた時の喜びもひとしおです。


他のイベント。
8月2日は私のギターの先生、野呂一生さんのライブでSHIBUYA AXに行ってきました。ISSE NORO INSPIRITSというバンドなのですが、なんとなんと、キーボードはあの扇谷研人さんなのです。憧れです。今めっちゃ売れっ子です。
ドラムが神保彰さんというのもすごいです。
最高のライブでした!すんごい鳥肌たった!
当たり前ですが、お客さんはみんな「音楽」を聴きにきてるんだなーと思った。プレイに対してお客さんがちゃんと反応するから、ちょっと新鮮だった。

終わった後にアルバム2枚買ったら、メンバー全員の直筆サインが付いて来てハッピー♪
で、野呂先生と扇谷さんにご挨拶。
扇谷さんとは1年半ぶりだったのに、私のことを詳細まで記憶してくださっていて、もう感激でした。やはりフレンドリーに色んな話をしてくださるので、改めて素晴らしい方だなと再認識しました!



夏休みに入って他にしたことといえば、バンドして、後輩と遊んで、つけ麺食べて、色んなプロの方に会うためあっちこっち行って、ピアノ弾いて、髪染めてパーマかけて、コーヒーこぼして、ネギ食べて、って感じでした。
あと今更ながらちゃんと家で音を聴く環境を整えられました。我が家に仲間入りしたのはAPOGEE ensembleとYAMAHA MSP5です!いやースピーカーって素晴らしい。ほんと今更ながら。

夏休みの課題がたまっててヤバいので、やらないといかんです。
まだまだ夏休みは続きますが、気付いたら終わってそうです。
楽しく忙しく前向きにやりたいなーと思っています♪

授業開始

  • 2011.05.03 Tuesday
  • 02:57
近況報告ですー。

チャリ通始めました。はい。

前記事に書いた部活紹介は無事終わり、ウインドに部員が結構入ってくれそうです。
部活紹介ではバレー部の方にも急遽ステージに出て(しかもなぜかサックス持って)一言だけしゃべるという大役を果たしました(笑)はい、ごめんなさい。

ウインドでは春コンというものがありまして、5月16日に東京音大でやるのでもし興味のある方は是非来て聴きに来ていただけると嬉しいです!もちろん無料です。

まあ聞かせられる演奏レベルかというとアレなのですが、仮にも全員音大生なので、きっと大丈夫。
そう、ウチのウインドは初心者が多いけど音大生なので初見で曲を合わせられます。っていうところだけは普通の団体よりできるはず・・・まぁ私はたいしてできてないけどねーはは。


今年は念願の教職オケという授業に出れることになり、第一希望のバイオリンを出来ることになりました!やったー!!
教職オケとは専科以外の人が集まって組むオーケストラのことで、映放生のみ本来取ることが出来ない科目です。でも許可を得ることができました。
なので今度はバイオリンを買います(汗)バイオリンの人は自分の楽器がないと授業受けられないので。
第一回の授業では学校のバイオリンを借りて弾いてみましたが、思ったよりちゃんとした音が出てほっとしました。でも周りの人よりも私の奏でる音がしずかちゃん的ノコギリっぽい音色だったというのはきっと気のせいだろう。

そうそう、第2副科ってやつを取ることにしました。今年はジャズ・アドリブ奏法っていう外国人の先生の授業。面白そうでしょ。


そういや久々にKろいわと会いました。
就活でこっちに来たのですが、彼女は相変わらずゆるかったです。
お土産ありがとう。そしてなぜか某高専C科教員のみ○みさんからもお土産をいただくという謎でした。爆笑してしまった。
久々に化学トーク(全然覚えてなくて悲しいけど)をして懐かしくなりました。活性化エネルギーってなんだったっけ?ってなった自分が恐ろしかったです。

で話してたらやっぱり理系人間と音大にいる人間は全然性格違うよねっていうので盛り上がりました。ホントに両極端に違うと思う。
理系の女はサバサバしてる、群れない、女っぽくない
音大女はネチっこい、群れる、女っぽい

男子もやっぱり全然タイプが違う。

私はどっちよりの人間なんでしょうね。本来音大女の方だった気がするけど、高専にいたせいで理系女系に染まったのかも。ちょっと高専のみんなに会いたくなった。




さて、恐怖の映放ガイダンスが25日にありました。
よみがえる去年の心臓がパンクしそうだった記憶。

しかし慣れとは怖いもので、あの大御所の方々を前にしても今年の心臓は平常運転でした。
それにしても映放の先生方が勢揃いしているのでオーラがすごい。
私の正面の席に見えるのは小六先生、服部先生、三枝先生、谷村新司、

あー谷村新司さんだ〜

って!!!!!!

そうです、気付いたら目の前にいらっしゃったので驚く暇もなかったですが、谷村先生は今年から客員教授として映放に来てくださいます。シンガーソングライター目線の授業をしてくださいます。それは知ってたんだけどさ、ね、目の前にいらっしゃるとやっぱりね。いきなりすぎるし。

あとソニーの現役の敏腕A&Rとして活躍中の伊藤和彦さんも今年から来てくださいます。これはもうね、どう考えてもおかしいでしょ(笑)現役のソニーの方が大学の客員教授ですよ。そんなのアリですかと。しかし超嬉しい!すごくおいしいことおっしゃってくれてました。

歌ものをやりたい私にとって、ものすんごくありがたいタイミングでのお二方の登場でした。
そして、来年度には映放(インストコース)はさらなる進化をとげます。楽しみ!

せっかくの幸せすぎて素晴らしすぎる環境なんだから、頑張らんといかんですね。チャンスがいくらあってもダメなやつはいつまでたってもダメなんだからね、このままだと私は一生ダメなやつです(笑)


そして今年はバンドの楽器の実技レッスンがあります。最高。
ギターかベースかドラムを選択するのですが、私は断固としてギターを希望しました。
しかしギター希望が多くて最終的にはじゃんけんで決めたところ、運良くギターになれました!
負けた人ごめん。これで練習しなかったら申し訳ないのでちゃんと練習します。

ってことで野呂先生に教われるわけですが、ぎゃーこんな初心者が恐れ多すぎる!!
心底そう思う!
どうしようどうしよう。

あーしかしあの安ギターを学校に持って行くことになるとは...
何しろ楽器を買う上で一番やってはいけない、ネットで購入した代物ですよ。
まぁどうせへたっぴなんだから関係ないよね!

第一回のギターのレッスンでは野呂先生の素敵さに魅了されました。
そしていきなりのハイレベルな内容にきょどりまくりました。先輩方が「野呂先生のレッスンはヤバい」と言っていた理由がわかりまくりでした。
前ぶれなくいきなりペンタトニックスケールのポジションから入って、みんなでスケール練習。インストコースの人も一緒に受けているので、周りの人はものすごく上手い。すごい勢いでテンポを上げる。無理。
コードの話題にうつって、コードならちょびっとはわかるぞそ思ったらしょっぱなハイポジ。無理。
先生がアドリブを弾いて一人ずつバッキング。この時点で限界。やったーセッションだーとかそんな場合ではない。全然そんな場合ではない。
極めつけに、先生がバッキングを弾くから1人ずつアドリブでソロ弾いてと言われる。あのー、初心者なんですけど...
野呂先生執筆のエレキギターのテキストをいただきました。あのー、上級編って書いてあるんですけど...

ということで、今年の水曜午後の授業は
宮城先生→野呂先生→谷村先生or伊藤先生
という完全に寿命が縮まるコースです。やばい心臓やばい。

宮城先生はさっそく「10秒間誰も発言しなかったら私帰るわよ」とおっしゃられて、もうさすがすぎます。そして課題量が地味に半端ない...


野呂一生さんと言えば私の中では扇谷さんなので、ISSEI NORO INSPIRITSのライブに行きたいです。その御二人が一緒に演奏しているというだけで私のテンションはMAXになるでしょう。
ちなみに谷村新司さんと言えば私の中では理央さんなのですが・・・伝わる人がいたらすごい(笑)


映放の授業が始まったと思ったらもうGWですが、段々と睡眠時間を削っていきたいと思います!春休みはバッチリ睡眠取ってたのでいい加減。


バンドの方も活動してます。今はオリジナル曲を固める期間。
最近バンドを始めてから初めてシンセサイザーでシンセサイズしました(笑)
だってねー、たくさん音色入ってるんだから自分で作る必要なんかないじゃんねーと言ってみる。言い訳ですごめんなさい。
一体、世のキーボーディストの何%が波形をいじって作ってるんだろうか。全員やってたりして。
予想はしてたけどJUNO-STAGEのそのへんの機能は使いづらい。JUNOで波形をいじる人がいるのかがまず疑問だ。さすがにいるか。プロでも一応JUNO使ってる人いたような。
しかし私が悪戦苦闘してたらウチのギター君があっさり使いこなしやがった!もういっそプログラマーにでもなってくれ!!

うおー、やることいっぱい!!!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM